鍵開けなら24時間全国受付対応の【カギ開けnavi】|ドアノブごともぎ取れてしまった場合

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-208

フリーダイヤル0120-949-208

最新情報・レポート

鍵開け:8000円~&24時間365日対応|カギ開けnaviのコラム記事ページです

ドアノブごともぎ取れてしまった場合

住宅のドアの鍵は、最近建てられたものなら面付箱錠が広く普及しています。ドアの内側に、サムターンやラッチボルト、デットボルトが内蔵されているもので、外側から見た時にこれらが見えないというのが、防犯的に最適だからです。 また、戸建住宅などでは、箱錠が多く用いられています。ドアの内部に埋め込まれた錠前で、見た目がスマートになっています。 これ以外に、実は錠前の形式があるのをご存知でしょうか? インテグラル錠や円筒錠と呼ばれるタイプの鍵では、ドアノブの中に鍵が内蔵されているので、ドアノブ1つ付けるだけで施錠も出来ます。ドアに開ける穴も、ドアノブだけで済みますので、工事も簡単です。 ただしこの構造は、ドアノブがもげてしまう危険性もあります。 ドアノブにはドアの開閉の度に強い力がかかりますので、長期間使用していると、金属疲労によってドアノブがもぎ取れることが考えられます。 こうなってしまうとそのまま開錠することは出来ませんので、ドアノブの修理をする必要があります。 インテグラル錠や円筒錠は強度的に他の錠前に劣りますので、修理を行なうのも良いですが、いっそ箱錠や面付箱錠への交換もご検討されてはいかがでしょうか? もし、錠前の交換をご希望でしたら、当サイト、カギ開けnaviまでご相談ください。