鍵開けなら24時間全国受付対応の【カギ開けnavi】|ドアノブ側のトラブルも考えられます

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-208

フリーダイヤル0120-949-208

最新情報・レポート

鍵開け:8000円~&24時間365日対応|カギ開けnaviのコラム記事ページです

ドアノブ側のトラブルも考えられます

ドアの鍵を開けたはずなのに、扉が開けられないというトラブルに遭遇した場合、慌ててドアを引っ張ったり、鍵を何度も開け閉めしたりするかもしれませんが、ひょっとするとそのトラブルはドアノブ側にトラブルが発生していることが考えられます。 通常のドアは、鍵を開閉すると動くデットボルトと、ドアノブを動かした時に動くラッチボルトの2つが備わっていることが多いようです。ドアの鍵を開けたはずなのに扉が開かない場合は、デットボルトが作動しているのにラッチボルトが作動していない状態が考えられます。 通常、ラッチボルトはドアの内側に当たる部分が削り取られた形状をしていて、ドアを閉める時はその削られた部分に沿って勝手に閉まるのですが、ドアを開く時は、削られていない面がドアのストライクという凹みにはまり込んでいるので、ドアノブを動かさないと開ける事は出来ません。つまり、ドアノブが何らかの故障で破損して、ラッチボルトが作動しない状態になると、ドアが開けられないということになるようです。 ドアノブ部分は普段からよく使うので劣化して壊れることもありますので、日頃からきちんと動くかどうか確認し、少しでも異常があれば交換しておくこともおすすめです。 万が一すでに破損してしまい、ドアノブ交換が必要なときも当サイトまでご相談ください。