鍵開けなら24時間全国受付対応の【カギ開けnavi】|ドア枠ごとこじ開けられることも考えられます

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-208

フリーダイヤル0120-949-208

最新情報・レポート

鍵開け:8000円~&24時間365日対応|カギ開けnaviのコラム記事ページです

ドア枠ごとこじ開けられることも考えられます

どんなに鍵を頑丈なものに取り換えても、鍵のデットボルトがドア枠から外れてしまえば、ドアは開けられてしまうそうです。 そんなことあるわけないという方は、一度ご自宅のドアを外から見てみると良いかもしれません。 外から見て、鍵のデットボルトが見えているドアの場合、ドア枠とドアの間に、バールなどを用いて隙間を開けることでこじ開けを行うことが可能かもしれません。 こじ開けによりドアとドア枠を破壊されて侵入されるのは彫り込み錠と呼ばれる鍵に多いそうですが、多くのお家で彫り込み錠が使用されているそうです。 もし、ご自宅が彫り込み錠の場合には、対策は無いのかと気になる方も多いでしょうが、対策についてはいくつかのパターンが考えられます。 ・面付錠に交換する ・面付本締め錠など、外からデットボルトが見えない補助鍵を取り付ける ・ドアガードを取り付ける 面付錠への交換で、外からデットボルトを見えなく刷れば、こじ開けに寄る被害を避けられるかもしれません。 補助鍵の取り付けは、現在の鍵から交換出来ない場合に効果的だそうです。 また、ドアガードを取り付けることで、デットボルト部分を覆い隠すことで、こじ開けを防止出来るかもしれません。 いずれにしても鍵屋に依頼して取り付けなどを依頼することになりますので、お急ぎの方は当サイトまでご連絡ください。