鍵開けなら24時間全国受付対応の【カギ開けnavi】|劣化する鍵穴

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-208

フリーダイヤル0120-949-208

最新情報・レポート

鍵開け:8000円~&24時間365日対応|カギ開けnaviのコラム記事ページです

劣化する鍵穴

鍵のトラブルと聞くと鍵を無くしてしまったりして家の中に入れなくなってしまうことが多いかもしれませんが、鍵穴が劣化してしまうせいで起こるトラブルもあります。鍵の寿命は約10年から15年ほどと言われており、メンテナンスをせずに10年以上使い続けていると鍵が鍵穴に差し込みにくくなるというトラブルが発生する事が多くなってきます。もっと酷い状態になると、差し込みにくいからといって無理に差し込んでしまうと鍵が根元から折れてしまうこともあるでしょう。では、なぜこのような状態になるのでしょうか。鍵穴の中に砂ボコリが入り込んでしまい、それを放置したままでいるとだんだんと詰まっていってしまって次第に破損に繋がってしまうのです。鍵自体のくぼみにもホコリが溜まっていってしまうので、その状態のままで鍵穴に差し込んでしまうと内部にさらにホコリが溜まっていってしまい故障してしまう可能性が高くなってしまうのです。鍵を無くしてしまうということ以外にもこのように注意しなければならないことがあるので、お家の玄関の鍵穴にこのような症状が発生していたら鍵自体を新しいものに交換をするか、メンテナンスをしましょう。鍵交換やメンテナンスをする際は、業者に依頼をするのが確実でしょう。