鍵開けなら24時間全国受付対応の【カギ開けnavi】|鍵の手入れ、正しい方法とNGな行為

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-208

フリーダイヤル0120-949-208

最新情報・レポート

鍵開け:8000円~&24時間365日対応|カギ開けnaviのコラム記事ページです

鍵の手入れ、正しい方法とNGな行為

ある日突然玄関の鍵が回らなくなったり抜けなくなったことはありませんか?鍵は毎日使うものなので普段からお手入れをしておかないと、突然鍵のトラブルが起こることがあります。もしかしたら鍵のトラブルが起こる前に回りにくい、抜けにくいといったサインがあったかもしれません。鍵からのサインに気がついたときに正しい対策を取っておけばその後のトラブルを回避できるかもしれません。そこで、鍵の正しい手入れ方法とついやってしまいがちなNG行為を紹介したいと思います。 鍵がうまくささらない、もしくはなかなか抜けないなんてときに油をさしたことがあるという方、それはNG行為です。鍵穴内部はとても精密なためホコリや小さな塵にとても弱いです。そのため滑りが良くなると思い油をさしてしまうと、逆にホコリが付いてしまい、さした直後は調子が良くても、後々トラブルが起こる可能性が高くなります。鍵が引っかかってしまう場合は一度、鍵を綺麗にしてから差し込んでみるとそれだけで解消する場合もあります。鍵を綺麗にすると言っても、水で洗うのはNGです。水で洗うことでサビの発生を促してしまいかえって悪影響だといえます。では、鍵を綺麗にするにはどうすれば良いのかというと、不要になった歯ブラシと鉛筆(Bか2B)を用意しましょう。まずはブラシで軽く汚れを落とし、その後、鉛筆を鍵のギザギザの部分やくぼみに塗り込みます。これは鉛筆に使われている黒鉛が潤滑油の役割を果たしてくれるからです。鍵穴に何度か抜き差しした後、黒鉛は拭き取ります。鍵穴はエアダスターなどでゴミを吹き飛ばしとくといいです。こうすることで、鍵は長持ちし、突然の鍵のトラブルを防ぐことにつながります。