鍵開けなら24時間全国受付対応の【カギ開けnavi】|鍵の種類

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-208

フリーダイヤル0120-949-208

最新情報・レポート

鍵開け:8000円~&24時間365日対応|カギ開けnaviのコラム記事ページです

鍵の種類

現在では多くの鍵の種類があり、鍵の性能も様々です。鍵の性能は、キーの形状や鍵穴の構造によって変わってきます。大きく分けると3つのタイプに分けられるので、それぞれの特徴を見ていきましょう。 【ピンシリンダー(刻みキー)】 これは住宅の玄関や机、金庫、南京錠など昔から幅広く使われてきたシリンダーで、キーの差し込み方向が一定で、使いにくいと感じる人が多いでしょう。こういった古いタイプのピンシリンダーは、鍵穴から不正に開錠出来てしまうので、防犯性は低く、空き巣などに狙われる危険があります。現在の住宅用の鍵は不正ピッキング対策がされているので、防犯性は上がっています。 【ロータリーディスクシリンダー】 キー部分の形は、刻があるタイプと、くぼみのような形があるタイプのものとがああります。鍵穴には金属版(ロータリーディスク)が並び、それが回転することで鍵の形を作っているのです。このシリンダーは不正ピッキング防止構造に加え、破壊にも強い超硬部品も内蔵しているので、防犯性は高いとされています。 【ディンプルシリンダー(ディンプルキー) このタイプのものは、キーの表面にくぼみがあるのが特徴で、鍵穴の構造が複雑で、複数列のピンが内蔵されています。鍵穴からのピッキングが困難な作りになっているので、防犯性が非常に高いです。物によっては不正複製防止システムが付加されている事もあります。リバーシブルで両面使え、なめらかで引っかかりもないので、子供から大人まで誰が使っても使い心地が良いとされています。現在では、住宅や金庫、ロッカーなどあらゆる場面でこのタイプが使われる事が増えてきました。