鍵開けなら24時間全国受付対応の【カギ開けnavi】|電子錠という選択肢

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-208

フリーダイヤル0120-949-208

最新情報・レポート

鍵開け:8000円~&24時間365日対応|カギ開けnaviのコラム記事ページです

電子錠という選択肢

鍵も日々進歩を遂げています。より防犯性の高いもの、より利便性の高いものなど、私たちの身近なところで新たな鍵が普及しています。電子錠も、現代を代表する鍵の一つでしょう。これまでは集合住宅やオフィスなどで利用されてきた電子錠ですが、今では一般住宅にも普及が進んでいます。ここでは、そんな電子錠のメリットとデメリットについて簡単にご説明いたします。
まず、鍵を持ち歩かなくていいというメリットがあります。鍵トラブルで非常に多いのが、鍵の紛失です。紛失してしまった場合鍵開けができませんし、新たな鍵を作成しなければいけません。しかし電子錠は、暗証番号や指紋認証のタイプならそのような心配はありません。オフィスや賃貸住宅においては、鍵の管理が容易になるというメリットもあります。人事異動や入居者の入れ替えが行われても、登録情報を変更するだけで同じ鍵を利用する事ができます。従来の鍵ならシリンダーの交換などが必要で費用も手間も掛かりますが、そのような面倒を解消してくれるのです。
しかし、やはり電子錠にもデメリットはあります。まず、初期費用が高いという点が挙げられます。普及が進んでいるとはいえ、まだまだ電子錠は高価なものです。そのため、設置に踏み切るのは容易ではありません。また、電機製品ならではのトラブルもあります。指紋認証なら指の状態によって解錠できない場合がありますし、暗証番号なら番号を忘れてしまうというケースもあります。電子錠は次世代の鍵ではありますが、その良い面と悪い面の両方をよく知っておくようにしましょう。