鍵開けなら24時間全国受付対応の【カギ開けnavi】|カギの生い立ち

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-208

フリーダイヤル0120-949-208

最新情報・レポート

鍵開け:8000円~&24時間365日対応|カギ開けnaviのコラム記事ページです

カギの生い立ち

人間は大切なものを守る時にカギを使います。例えば玄関であれば家の中にいる大切な家族だったり、金庫であれば中に入っている財産であるとか宝物を守るためにカギを使います。カギは私たちの生活になくてはならないものであると言えますが、その歴史についてはあまり知られていません。人間は最初言語も持たない動物でしたが、進化・文明の発展と共にあらゆる財産を持つようになりました。その始まりは紀元前2000年頃のエジプト文明までさかのぼります。その頃文明は豊かになりつつあり、人々は財産を所有するようになっていたのですが、そこでエジプト錠というのが誕生したのがカギの始まりです。その後カギは進化を重ね、紀元前300年頃には家を戸締りするようになります。この頃のカギは革のひもで結び目を作るようなものでしたが、さらに進化が進むと頑丈な金属製のカギは使われるようになり、ローマ時代になると鉄製のものが出回るようになりました。そして、中性ヨーロッパのころになると、その構造が複雑になっていき、開錠がしにくい工夫がされるようになりました。美しい装飾がされるようになったのもこの時代です。人類の歴史が産業革命を迎えるようになると、カギも著しい進化を遂げるようになってきます。様々な会社が新しい形状のカギを沢山発明するようになり、その形も今現在使われているものに限りなく近くなりました。現在では様々な種類のカギが出回り、用途によって使い分けなどできるようになっています。鍵屋さんでカギを選ぶ際に新たな発見があるかもしれません。
評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。