鍵開けなら24時間全国受付対応の【カギ開けnavi】|自転車の鍵をなくしたときの対処

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-208

フリーダイヤル0120-949-208

最新情報・レポート

鍵開け:8000円~&24時間365日対応|カギ開けnaviのコラム記事ページです

自転車の鍵をなくしたときの対処

学校や会社の帰りに、駐輪場についたら鍵がなくなっていた、鍵をいくら回してもロックが外れない、なんてことはないでしょうか。そんな時の対処法について紹介したいと思います。鍵をなくしてしまった、完全に壊れてしまって開かないという場合は、「自分で鍵を壊して開ける」「自転車屋さんに相談する」「鍵屋に相談する」といった方法がとれます。鍵屋というと住宅の鍵を対応するというイメージがありますが、実際には自転車の鍵まで対応してくれる業者は多くあります。自転車の場所がわかれば来てもらうことも出来るので、最寄りの鍵屋を探して見ることをオススメします。しかし、近く鍵屋や自転車屋がないという場合、鍵をなくしたというだけなら、自分で解錠出来る可能性はあります。備え付けの鍵ではなくワイヤーロックを使っている場合は、ホームセンターで購入できる、ワイヤーカッターを使用すれば切断することが出来ます。しかし、備え付けの鍵の場合は「傘錠」と呼ばれるものを使います。これは傘を開く時ロックを解除するために押す、ボタン状のパーツのことです。そのパーツを取り出し、鍵穴に入れて動かすと鍵が開くことがあります。しかし、この方法は一般的な馬蹄錠に有効な方法なので、他の鍵を使っているタイプには使えません。これはあくまで一時的な処置なので、そのまま放置せず、自転車屋や鍵屋にいってちゃんと交換してもらいましょう。
評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。