鍵開けなら24時間全国受付対応の【カギ開けnavi】|鍵が廃盤になる場合も

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-208

フリーダイヤル0120-949-208

最新情報・レポート

鍵開け:8000円~&24時間365日対応|カギ開けnaviのコラム記事ページです

鍵が廃盤になる場合も

鍵に限ったことではありません、その製品が何十年も製造され続ける保証はありません。むしろ、古い製品はいつかは製造が中止され、新たな製品が市場に流通していくのが自然な流れと言えます。
鍵も、既にいくつかの製品が廃盤になり、新築物件への設置などが禁止されています。それでは、鍵が廃盤になる理由とはどのようなものなのでしょうか。

・鍵違い数の限界
鍵違い数とは、鍵のギザギザや窪みなどが何通りあるのかという数値です。鍵違い数が多いほどその鍵は複雑な構造を有しているということで、防犯性も高いと言われています。しかし鍵が大量に製造されますと製造数が鍵違い数に追いつき、限界を迎えてしまいます。そのため、古くから大量に作られた鍵はいつかは姿を消す事になります。

・防犯性の限界
鍵は進化を遂げていますが、空き巣などのピッキングなど、不正な鍵開けの方法も進化しています。そのため、古い鍵では防犯性に難があるため、設置が禁止されてしまうのです。かつて広く普及していたディスクシリンダー錠はピッキングに弱いという欠点があり、鍵メーカーによっては既に廃盤にされている事が多いです。

あまりにも古い鍵は、少しずつ世の中から消えていきます。しかし中には、既に廃盤になった鍵を現在もご利用されている事があるでしょう。廃盤になっても合鍵を作成することは可能ですが、既に廃盤になっている鍵については鍵交換を行ったほうが安心でしょう。
評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。