鍵開けなら24時間全国受付対応の【カギ開けnavi】|鍵を破壊するケースもあります

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-208

フリーダイヤル0120-949-208

最新情報・レポート

鍵開け:8000円~&24時間365日対応|カギ開けnaviのコラム記事ページです

鍵を破壊するケースもあります

皆様は、「解錠」と「開錠」の違いをご存知でしょうか。同じような言葉に思えるかもしれませんが、実は違いがあるのです。この二つの言葉は「鍵を壊すか否か」で意味が全く異なり、鍵を破壊してでも鍵開けを行うのが「開錠」の方になります。そうなりますと「絶対に解錠の方が良いのではないか」と思われるかもしれませんが、実際は鍵を破壊するケースもあります。

鍵を破壊するケースの一つが、鍵の防犯性が非常に高い場合です。現代は空き巣などの手口も巧妙化しており、その対策として鍵の防犯性も向上しています。そのため、鍵屋も鍵開けの高い技術を要求されるようになりました。しかし鍵屋によってはそのような防犯鍵の鍵開けが難しく、破壊しなければならない場合も出てくるのです。
また、鍵は破壊したほうが短時間で開ける事ができます。そのため鍵開けを急ぐ場合にはわざと破壊することもあるのです。もちろんその鍵は使えなくなってしまいますが、もしも鍵を紛失していた場合、防犯のためにも結局は鍵交換をしなければいけません。そう考えれば、鍵の破壊も合理的に行われていると言えます。

ただし、鍵を破壊するにしても技術は必要になります。もしもご自身で鍵を破壊しようとすれば鍵だけでなくドアまで交換しなければならない事態に陥るかもしれません。また、不審者に間違われる危険もありますので、無理に破壊するのは避けるようにして、必ず鍵屋にご相談ください。
評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。