鍵開けなら24時間全国受付対応の【カギ開けnavi】|車の鍵をインロックをしてしまった!正しい対処法と予防法まとめ

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-208

フリーダイヤル0120-949-208

最新情報・レポート

鍵開け:8000円~&24時間365日対応|カギ開けnaviのコラム記事ページです

車の鍵をインロックをしてしまった!正しい対処法と予防法まとめ

インロックをしてしまうというトラブルは、数多く発生しているとともに、早急に解決しなければならない問題です。もし、このような状況になったらこれから紹介する方法を参考にしてください。

ドライブ中にすこし休憩をして戻ってきたら、「あれ、鍵が開かない……」こういった状況に陥ったら焦りますよね。このコラムでは、このようなトラブルを早急に解決する方法をお伝えしていきます。

車のインロックを解消する4つの対処法

車のインロックは、早急に解決しなければならないトラブルです。ここでは解決するための4つの対処法についてご紹介していきます。

スペアキーを使う

うっかりインロックをしてしまったというときでも、スペアキーを使えば無駄な出費や被害を出さずに解決することができます。そのため、これが理想的な対処法といえるでしょう。スペアキーを携帯していない場合は、家族に持ってきてもらえないか相談するとよいです。

鍵の業者を呼ぶ

スペアキーがない場合は、鍵の業者に依頼することも検討しましょう。鍵の業者は、鍵トラブルのプロですので、早期解決が見込めます。ただし、珍しい車種(外車など)の場合は、開けられない場合もあるため、お問い合わせの際に、事前に確認しましょう。料金の相場は、各業者や車種によって異なりますが、およそ8,000円~ほどです。

ロードサービスを呼ぶ

ロードサービスを呼ぶことも効果的な方法といえます。ロードサービスの会員である場合は無料で対応してもらえますが、非会員の場合は有料のサービスとなるので、鍵の業者と比較検討するとよいでしょう。

危険な状態なら救急隊を呼ぶ

この方法をとるのは、夏の暑い時期にインロックをして外から開けることができない車内に子どもがいる場合です。高温の車内は熱中症になりやすく大変危険であるため、緊急を要します。ロードサービスや鍵の業者では、30分~1時間ほどかかってしまうケースもあるので、緊急の際には、119番通報で救急隊に連絡しましょう。

オススメできない!車のオートロック解消法

インロックをしてしまったときに焦って自分で解決しようとしてしまう方もいます。しかし、焦ってとった行動が裏目に出てしまうことも少なくありません。そのため、オススメできないインロックの解消法をご紹介していきます。

針金で鍵をこじ開ける

ひとつ目は、針金を使って鍵をこじ開ける方法です。この方法は、ドアのすき間から針金を入れて開けるというものなのですが、ドアに針金を差し込むすき間を開ける必要があり、車を傷つけてしまいます。また、この方法では開かない車があることや車の鍵自体をドアごと壊してしまうおそれもあるため、修理費などを考えると結果的に問題解決にかかった費用が高くなってしまうということが多いです。

窓ガラスを割る

ふたつ目は、窓ガラスを割る方法です。ハンマーや、小銭をビニール袋に詰めた鈍器を使って勢いよく叩くことで割ることが可能ですが、オススメできません。この方法も、車内に子どもやペットが閉じ込められているといった緊急事態でない限りやめましょう。

車の鍵をインロックしたら鍵業者に依頼するのが安心!

インロックをしてしまったら、やはり業者に依頼するのが安心です。ここでは、その理由を説明していきます。

業者に依頼をするメリット

業者に依頼するメリットはいくつかあります。まずは、近くの店舗から駆け付けてくれるため問題解決が早いです。ロードサービスに依頼する場合、会員でない方の解錠は、有料のサービスとなります。同じく料金が発生するのであれば鍵開けのプロに任せた方が安心ではないでしょうか。

依頼をする前に確認しておくこと

鍵の業者に解錠を依頼する前にいくつ確認しておくことがあります。

・車のメーカー

車のメーカーや年式やグレードがわかっていると業者にとって助かります。また、珍しい車種(外車など)の場合は開けられない場合もあるため、お問い合わせの際に事前に確認しましょう。

・停車位置

車の停車している場所(●●の駐車場など)を詳細に伝えましょう。そうすることで業者の到着の助けになります。

・車の状態

車の鍵をインロックしてしまったなど、車の状態をわかりやすく説明しましょう。

・鍵の種類

鍵の種類がわかっている場合は、業者に伝えましょう。イモビライザーが搭載されているかどうかなど、鍵の種類によって作業内容や必要機材が変わることがあるため事前にしっかりと伝えましょう。

信頼できる鍵の業者の選び方

インロックしてしまい焦っているときは,「鍵業者なんてどこも一緒でしょ」と思うかもしれませんが、信頼できる業者に依頼するというのは大切なことになります。ここでは、業者選びのポイントを説明します。

鍵業者を選ぶときは実績をみましょう。鍵業者は技術を求められる職業であるため解決している件数が多いということはそれだけ多くの人に信頼されていて技術も確かであると考えていいでしょう。

また、できればアフターフォローのある業者に依頼しましょう。鍵は、非常に緻密な作りになっているため、小さな傷が原因で故障してしまうことも少なくありません。そういったときにアフターフォローがしっかりしている業者であれば安心できるからです。

最後に、車のインロックなどの緊急の依頼をする場合は、近くの業者に依頼する必要があります。トラブルが発生した場所に対応しているエリアの業者を比較しましょう。

車の鍵のインロックはなぜ起こってしまうの?

意外に思うかもしれませんが、車のインロック件数は1日に500件近く起こっています。さて、非常に多いこのトラブルの原因は何なのでしょうか。一緒にみていきましょう。

車内に鍵を置いたままにした

インロックが起こってしまう根本的な原因は、車内に鍵を置いたままにすることです。たとえば、カバンに入っている鍵を車内に残して、財布だけ持って外に出るといったことはうっかりやってしまいがちではないでしょうか。

スマートキーの電池不足

普段使っているスマートキーは、電池によって稼働しています。そのため、電池がなくなると電波を飛ばすことはできなくなってしまいます。その状態で車内にスマートキーを置いておくと、車は鍵がないと判断してロックをしてしまうという場合があるのです。

スマートキーの電波が遮断された

スマートキーは、車がキーの電波をキャッチすることでロックを解除するという仕組みになっています。そのため、外部からセンサーなどの影響を受けると、電波が遮断されてロックされるということがあります。

子どもが車内で鍵をかけてしまう

すぐに戻ってくる予定で、車内に子どもを残していったときに、車内で遊んでいた子どもが施錠してしまうという場合があります。子どもが車内から解錠できればよいのですが、遊んでいる拍子にわざとではなく施錠してしまった場合、鍵の開け方がわからず困ってしまうかもしれません。

車の鍵のインロックをあらかじめ予防しよう!

インロックは、うっかりミスが根本的な原因であるので誰にでも起こるおそれのあるトラブルだと言えます。一度インロックしてしまったら、「ちょっとのうっかりでこんな大変なことになるなんて……もう二度としたくない」と強く思うことでしょう。そんなときに、どんな対策が効果的なのかをご紹介していきます。

電池交換をする

スマートキーをお持ちの方は、こまめに電池の交換をおこなうようにしましょう。交換方法は以下の手順でおこないます。

  1. 1.スマートキーからメカニカルキーを取り出します。
  2. 2.スリット部分にマイナスドライバーを差し込み、ひねって分解します。
  3. 3.古い電池と新しい電池を交換します。
  4. 4.ふたとケースをあわせて閉じます。
  5. 5.最後に正常に作動するか確認しましょう。

スペアキーを持っておく

車を使うときは,スペアキーを持っておくことでも予防できます。財布など常に携帯するものの中に入れておくとよいでしょう。

車の外側にスペアキーを隠す

スペアキーを持ち歩くのは、失くしてしまわないか不安があるという方もいるでしょう。そういった方には、車の外側にスペアキーを隠しておく方法をオススメします。バンパーの内側など他人には気づかれないところに磁石などで固定しておきましょう。

ただし、他人に知られたときに車の盗難にあうリスクがあります。そのため、この方法はイモビライザーのセキュリティが付いている車の場合に限定するとよいです。隠しておくスペアキーは、ドアを開けるだけのものにしておくのです。

まとめ

車のインロックをしてしまったというトラブルはしばしば起こります。この問題は、なるべく早く解決しなくてはいけません。もし、インロックをしてしまったときは、今回ご紹介した方法をおこなってみてください。そうすることで、すばやく安全に解決することができるでしょう。

また、日ごろからインロックをしないように注意しておくことも大切です。それでもうっかりインロックしてしまった場合は、冷静に適切な対処ができるように心がけましょう。

評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。