鍵開けなら24時間全国受付対応の【カギ開けnavi】|【鍵交換の費用相場】種類の選び方や自分で安く交換する方法をご紹介

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-208

フリーダイヤル0120-949-208

最新情報・レポート

鍵開け:8000円~&24時間365日対応|カギ開けnaviのコラム記事ページです

【鍵交換の費用相場】種類の選び方や自分で安く交換する方法をご紹介

【鍵交換の費用相場】種類の選び方や自分で安く交換する方法をご紹介

玄関の鍵を交換するときは、どれくらい交換費用がかかるのかあらかじめ相場を確認しておきましょう。鍵の交換費用の相場を知っておくことで、支払いが高額になってしまうのを防ぐことができます。

一般的な鍵の種類別、防犯性に特化した鍵の種類別で交換費用相場をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。そのほか、自分で鍵を交換する方法についても詳しくお教えしますので、費用を安く抑えたいという方はチャレンジしてみてください。

玄関ドアの鍵交換費用の相場

業者に玄関の鍵交換を依頼した場合、業者によって異なりますが、費用の内訳は「作業料金+鍵の本体代+シリンダー(鍵穴)代」になることが多いです。まずは、一般的な鍵交換費用の相場についてご紹介します。

・ディスクシリンダーキー(3,500円~16,000円)
ディスクシリンダーキーとは、鍵穴がくの字になっているもので、鍵の両側がギザギザしている一般的な鍵のことをいいます。ディスクシリンダーキーは値段が安く、短時間で交換できるのが特徴です。

・ピンシリンダー(2,000円~20,000円)
ピンシリンダーとは、片側だけギザギザがある鍵のことをいいます。差し込む方向が決められており、上下を間違えないようにしなければいけません。ディスクシリンダーキーと同じように値段が安いのが特徴です。

ディスクシリンダーキーやピンシリンダーは値段が安く、手軽に交換することができます。しかし単純な構造をしていますので、ピッキングがされやすく、防犯性はあまり高くはありません。

防犯性の高い鍵へ交換したいということでしたら、次の章でご紹介する防犯性の高い鍵の種類も参考にしてみてください。

防犯性を高くするならディンプルキーがオススメ!

防犯性を高くするならディンプルキーがオススメ!

防犯性の高い鍵へ交換したいということでしたら、ピッキングに強いといわれるディンプルキーへ交換するのがオススメです。ディンプルキーとは表面がデコボコしている鍵のことをいい、鍵穴の筒にあるピンの高さが一致することで鍵を開けることができます。

ピンの本数が多いほど複雑になるため、空き巣がピッキングをしようとしても、一般的な鍵と比べて解錠するのに時間がかかります。ディンプルキーへ交換する場合、費用は1万5千円~2万5千円ほどかかるでしょう。

防犯性が高いそのほかの特殊な鍵

防犯性の高い鍵はディンプルキー以外にも存在します。それぞれの特徴や費用相場(商品代金)についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

・カードキー(約2万円~5万円)
カードキーとは、専用のカードを機械にかざすことで解錠できる鍵のことをいいます。鍵穴がないので、ピッキングされることもありません。特殊な鍵ですので、複製もされにくいです。

・暗証番号キー(約2万円~7万円)
暗証番号キーとは、暗証番号を直接入力することで解錠できる鍵のことをいいます。鍵を持ち運ぶ必要がないので、「鍵を失くしてしまった!」なんてトラブルも起こりません。機械の種類によっては、何回か番号を間違えると自動的にロックがかかるものもあります。

・指紋認証キー(約7万円~20万円)
指紋認証キーとは、自分の指紋を機械で読み取ることで解錠できる鍵のことをいいます。暗証番号キーと同じく鍵を持ち運ぶ必要がないため、失くしてしまうこともありません。ただし、指紋認証キーはほかの鍵と比べると高価なものです。より性能が高いものを設置しようとすると、20万以上する場合もあります。

これらの鍵の交換費用はあくまで目安になりますので、詳しい交換費用は依頼先に聞いてみましょう。このとき、費用が高すぎないか確認してみましょう。

補助錠の取り付けも防犯対策に効果的

玄関の鍵の防犯性を高めたいということでしたら、補助錠を新しく取り付けるのも効果的です。玄関の鍵を2つにすることで解錠にかかる時間を稼ぎ、空き巣などによる侵入を防ぐことができます。

補助錠を選ぶときは、どこに設置したいのかをあらかじめ考えておきましょう。補助錠は外に取り付けて空き巣に狙われにくくするものや、中に取り付けてピッキングを予防するものなど、あらゆる種類が存在します。

どのような種類を選んだらよいのか分からないという場合は、プロの鍵業者に相談してみるのもよいかもしれません。

玄関ドアの鍵交換費用を安く済ませる2つの方法

玄関ドアの鍵交換費用を安く済ませる2つの方法

玄関ドアの鍵は、自分で交換することもできます。ご紹介する鍵の交換方法をご覧いただき、自分でもできそうと感じたらチャレンジしてみるのもよいでしょう。自分で交換できる自信がないという方は、複数の鍵業者に見積りを依頼して、安く交換してくれるところを探してみましょう。

【1】自分で鍵を交換する

自分で鍵を交換するときに大事なのが、同じメーカーや型番の鍵を用意することです。メーカーや型番は、ドアを開けたところの側面プレートで確認することができます。玄関の鍵はインターネットなどで購入しましょう。

鍵の交換手順は以下のとおりです。

  1. 1.プラスドライバーで玄関ドアの側面プレートを外す
  2. 2.シリンダーの上下にあるピンをマイナスドライバーで抜く
  3. 3.シリンダーを外す
  4. 4.新しいシリンダーを押し込みながら取り付ける
  5. 5.新しいシリンダーを押したまま、先ほど抜いたピンを上下に差し込んで止める
  6. 6.側面のプレートを差し込む

【2】複数の見積りを比較する

鍵の交換費用は依頼する業者によっても異なります。なるべく安く鍵交換をしたい場合は、複数の鍵業者に見積りを依頼して費用を比べてみましょう。複数の業者を比べることで、費用はもちろんサービスの内容も比べることができます。どのような鍵の種類へ交換したらよいか分からないというときは、業者に相談してみるとよいでしょう。

まとめ

一般的な玄関の鍵交換費用は、ディスクシリンダーキーの場合3,500円~16,000円、ピンシリンダーの場合2,000円~20,000円ほどかかります。しかしこれらの鍵は気軽に交換することができますが、防犯性はあまり高くありません。

防犯性の高い鍵へ交換するなら、ディンプルキーへの交換がオススメです。ディンプルキーはピッキングがしにくい構造になっており、空き巣が解錠しようとしても時間がかかるため、防犯対策になります。

防犯性の高い鍵はディンプルキー以外にもありますので、予算と相談しながら交換してみるとよいでしょう。玄関ドアの鍵を安く交換したい場合、自分で交換できそうならぜひやってみましょう。もし自分で交換するのが難しいと感じたら、プロに依頼してみてください。

鍵業者に依頼するときは、複数の業者に見積りを依頼して費用を比較すると安く交換することができます。どのような鍵へ交換したらよいか分からない場合は、このときに相談してみるとよいでしょう。

【※掲載料金は消費税を含んでおりません】

評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。

※当サイトの表記価格は全て税抜き価格です。
別途消費税がかかります。