鍵開けなら24時間全国受付対応の【カギ開けnavi】|鍵交換費用|防犯性が高い玄関ドアの鍵の種類や自分で交換する方法

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-208

フリーダイヤル0120-949-208

最新情報・レポート

鍵開け:8000円~&24時間365日対応|カギ開けnaviのコラム記事ページです

鍵交換費用|防犯性が高い玄関ドアの鍵の種類や自分で交換する方法

鍵交換費用|防犯性が高い玄関ドアの鍵の種類や自分で交換する方法

玄関の鍵交換をするなら、まず種類ごとの費用相場を確認しておきましょう。鍵の交換費用は鍵の種類によって大きく異なるため、最初に確認しておく必要があるのです。

この記事では、鍵の種類ごとの費用相場や特徴についてご紹介しています。同じ種類の鍵または別の種類の鍵へ交換しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。そのほか、玄関ドアの防犯性を高める2つの方法や、自分で鍵を交換して交換費用を安くする方法についてお教えします。

玄関ドアの鍵交換にかかる費用の相場

鍵が壊れたら、同じ種類の鍵へ交換しようと思われる方もいるでしょう。鍵にはいくつか種類がありますので、このタイミングでほかの種類の鍵へ交換してみるのもよいかもしれません。

それぞれの鍵の特徴や交換費用の相場についてご紹介しますので、今から鍵交換をしようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

・ディスクシリンダー …… 5千円~1万円
多くの住宅で使用されることの多い鍵の種類です。鍵穴は「く」の字になっており、鍵自体は両側がギザギザしているのが特徴です。ディスクシリンダーはピッキングがされやすく、簡単に開けられてしまうことがありますのでほかの防犯性の高い鍵へ交換するのがオススメです。

・ピンシリンダー …… 5千円~1万円
ピンシリンダーは住宅や机の引き出し、ロッカーなどに使用される鍵の種類です。鍵の片側がギザギザしているのが特徴です。シリンダーの中にあるピンと呼ばれる部分が鍵を入れることで押し上がり、鍵を開けることができます。そのため、ピンの数が多いほどピッキングがされにくくなります。

・ディンプルシリンダー …… 1万5千円~3万円
ディスクシリンダーは住宅に使用されることが多く、ピンシリンダーをさらに複雑にした鍵の種類です。鍵の表面がデコボコしており、ピンの数も多いためピッキングに強い作りになっています。防犯性の高い鍵へ交換したいということでしたら、この種類がよいでしょう。

・ロータリーディスクシリンダー …… 1万円~1万5千円
ロータリーディスクシリンダーは住宅や学校に使用されることが多く、ピッキングに強い鍵の種類です。見た目はディスクシリンダーと似ており、鍵を差し込むと中の筒が回り鍵を開けることができます。

取り扱いのある鍵の種類は業者によって異なります。詳しい鍵の種類や費用については直接業者に聞いておくとよいでしょう。

玄関ドアの防犯性を高める2つのポイント!

玄関ドアの防犯性を高める2つのポイント!

玄関ドアの防犯性を高めるには、ほかの防犯性の高い鍵へ交換する方法と、ワンドア・ツーロックにする方法があります。今のままでは防犯面が気になって心配という方はぜひ検討してみてください。

【1】防犯性の高い鍵の種類へ交換する

鍵の防犯性を高めるには、先ほどご紹介したようなディンプルシリンダーなど防犯性の高い鍵へ交換するのがオススメです。また、特殊な「指紋認証キー」「暗証番号キー」なども防犯性が高いといわれており、鍵も落とす心配もありません。

防犯性の高い鍵は一般的な鍵と比べて高くなる傾向はありますが、種類によって大幅に値段が異なりますので一度業者に相談してみるとよいでしょう。

【2】ワンドア・ツーロックにする

ワンドア・ツーロックとは、鍵をもうひとつ取り付けることをいいます。空き巣は侵入する時間を重要視しているため、ピッキングに時間がかかりそうだと思われれば自然に狙われにくくなります。

補助錠を取り付けるには、工事が必要なものもあれば、必要のないものもあります。工事が必要な補助錠を取り付ける場合は、自分でおこなうことはできないので業者に依頼するようにしましょう。工事のいらない簡易なものであれば、ホームセンターや通販などで購入することができますので、自分で取り付けたいという場合は購入してみるとよいでしょう。

玄関ドアの鍵は自分で交換すれば安くすむ

玄関ドアの鍵は自分で交換すれば安くすむ

玄関ドアの鍵は自分で交換することもできます。今回はシリンダーの部分の交換方法についてご紹介しますので、自分で交換してみたいという方はぜひチャレンジしてみてください。

・交換する前の準備
鍵交換をする前に、新しいシリンダーを用意しましょう。ドア側面のプレートにメーカーと型番が刻印されていますので、メモしておいてください。シリンダーはインターネットやホームセンターで購入することができます。

・交換するときの手順

  1. 1.側面のプレートにあるネジをプラスドライバーで外す
  2. 2.シリンダーを抑えながら室内側のピンを上下2本マイナスドライバーで外す
  3. 3.シリンダーを外す
  4. 4.新しいシリンダーを取り付ける
  5. 5.取り外していたピンを差し込んでシリンダーを固定する
  6. 6.側面のプレートを取り付けてプラスドライバーでネジを取り付ける
  7. 7.鍵の抜き差しやドアの開閉をして確認したら完了

自分で鍵交換をするのが難しそう、どんな種類の鍵を選んだらよいのか分からないという方は無理におこなおうとせずにプロに任せるとよいでしょう。

鍵の交換費用を安くするそのほかの方法

鍵の交換費用を安くするには、自分で交換する方法以外にも複数の業者で見積りを比較するという方法があります。鍵の交換費用は依頼する業者によっても異なるため、ほかの業者と見積りを比較することで納得のいく値段で交換を依頼することができるでしょう。

まとめ

玄関ドアの鍵交換をする際、同じ種類の鍵に交換するのもよいですが、防犯性を高めたいということでしたらほかの種類に交換してみるのもよいかもしれません。まずは鍵の種類ごとの特徴とそれぞれの費用相場を確認して、どのような鍵へ交換をしたいのか考えてみましょう。

玄関ドアの防犯性を高めるには、ディンプルキーなどの鍵だけでなく、指紋認証キーや暗証番号キーなど特殊な鍵もオススメです。鍵を持ち運ぶ必要もないため、鍵を落としてしまうというトラブルを防ぐことができます。また、補助錠を取り付けるのも空き巣対策になるので検討してみるとよいでしょう。

玄関ドアの鍵交換費用を少しでも安くしたいということでしたら、自分で交換をしてみましょう。シリンダーの交換をするときは必ずメーカー名と型番を確認し、ドアに合わない種類を購入してしまわないように注意してください。

鍵の交換を業者に依頼したいということでしたら、相見積りをしてみてください。相見積りは複数の業者で料金を比較することができるため、一番納得のいく金額で依頼することができます。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。

※当サイトの表記価格は全て税抜き価格です。
別途消費税がかかります。