鍵開けなら24時間全国受付対応の【カギ開けnavi】

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7784

フリーダイヤル0800-805-7784

犯罪者が使う常套手段 ~カム送り編~

カム送り解錠とは

鍵を無理やり開けられる、ピッキング被害が一般的に浸透して防犯の意識が高くなってきましたが、平成14年9月に各メディアに登場したのが、『カム送り解錠』という手口です。警察庁からの公式発表によると、このカム送り解錠という手口は全国で9000万台出回る4メーカーの15機種の錠前について被害を公表し注意喚起を呼び掛けるという状況になりました。
『カム送り解錠』とは、特殊な針金をつかって、錠本体を直接壊し、開ける方法です。
なによりこわいのは、ほぼ錠そのものを無傷でロックを開けることです。シリンダーのリングをはずし、隙間から針金状の工具を挿入して、錠の本体を壊し、開けるという手口です。
良く耳にする車上狙いで自動車のカギをドアの隙間から針金状のものを差し込みドアを開けるのと同じ手口の延長と考えるとわかりやすいと思います。

カム送りの怖い所

最近販売されている、ピッキング対策のシリンダーを装着しているにもかかわらず、関係なくカギが開けられる被害があるというところです。
ただし、カム送りによって開けられるような商品は確認され、警察庁より『該当危険機種』として公表されていますので、現在入手できる錠については、たとえ胴型機種であってもいっさい起りえない手口ですので安心して差し支えないと思われます。 まずは、対応リストを良くご確認していただきたいと思います。
警察庁公表により、ユーザーに注意を喚起することにより、カム送りによって開けられる被害の実例はほとんど報告されていません。一斉報道で一般に広く浸透したことが功を奏したといえます。

カム送り解錠阻止の実際

リングカラーを動かしてできた隙間から開けられるといわれていますが、この隙間ができても100%開けることが不可能なような対策をすることが可能です。

※当サイトの表記価格は全て税抜き価格です。
別途消費税がかかります。