鍵開けなら24時間全国受付対応の【カギ開けnavi】

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-7784

フリーダイヤル0800-805-7784

針金での鍵開けは可能

解錠できるものとできないものがある

ドラマなどで、『針金があれば、カギを開けるなんて簡単』などといいますが、実際針金で開けることは可能なのでしょうか。
鍵にもいろいろな形・用途があります。例えば、旅行鞄などについているような、いわゆる南京錠は簡単に開きます。だだし、倉庫や学校などについている真鍮製の南京錠は簡単に開けられるのでしょうか?実は、真鍮製の南京錠は不規則なギザギザでシリンダーを半回転させて開ける必要があるので、針金のようなものではピンが抜けないので開けることは無理です。

カム送り・サムターン回しでの鍵開けが怖い!

錠を開けるのは、差し込んだ鍵を回してはじめて錠を開けることができます。ドラマでやっている針金でコチョコチョするのは、差し込んだだけの状態ですから、針金で回して開けることは無理です。
針金で、本物もカギ山に合わせた幅で針金を曲げないといくらやっても回らないので開けることはできません。
シリンダーからジェル状のものを流し込んで型取りをして、合カギを作らなければ開けられません。
一方、切断などの方法は犯罪です。通常の南京錠を針金で開けるのは、素人では100%無理なことです。
多くの一般住宅の玄関錠で針金で開けることは、まず不可能と考えられます。今は針金で開けることができるような錠前はメーカーとしても製造販売されていないと考えられます。
危険なのは、針金ひとつでシリンダーでない所を狙って無理やり開けようとする犯罪手口(カム送り、サムターン回し)といえます。

開けられないよう、暮らしの防犯はしっかりと!

防犯を考えると、錠前は1箇所だけでなく、補助錠として2箇所、3箇所つけるほうが、開けるのに時間を要すると思わせるだけでなく、補助錠をつけているとわからせ、無理やり開ける犯行をあきらめさせる有効な防犯対策になります。また,OP認定錠の補助錠とドアの補強部分をあわせて取り付けると、バール攻撃などで無理やり開けられることに対する防犯性がさらに高まります。
自分も家族も財産もすべてを守るために、暮らしの防犯は大切なことです。
家族で話し合って、無理やり開けられないように防犯対策をしましょう。

※当サイトの表記価格は全て税抜き価格です。
別途消費税がかかります。